Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

戸惑いを超えて

こんにちは。大変お久しぶりです。あるです。
このブログも長い事手つかずのまま放置してしまっていて、あまりに触れないので「そろそろ閉鎖でもしようかなあ」などと考えていたのに忙しさに負けてそのままやはり放置でおりました。
舞台の感想とかやはり読み返すとそれなりに楽しいので、頑張って書いてたものを消すのは忍びない気持ちもあったりします。久しぶりに読み返すとむしろ「あれ見て私そんなこと考えてたの?」ってなってますけども。

今見たら、最後のエントリーがぶえのすあいれす…
2014年ー!12月ー!ぶえのす、そんな前だっけ…つい最近な気がしてた。
そっか、この年は官兵衛さんでライブツアーがなくて、メンバーの舞台だらけだったんだねー。
実はひっそり2016年6月にOTTのエントリーを追記してるんですが、その時実は私、大変後悔をしていました。舞台で感じた事というのは、きちんと書こうとか形式に拘らずにすぐ書いとくべきだった!と。
忘れましたねーあんなに目に焼き付けたと思っていたOTTなのに、細かいところ忘れてしまっていた。そりゃそうです…。

2015年はアニバイヤーでグループ活動がとてつもなく充実してたはずなのに、それも書き記してない…余裕がなかったんですね、きっと。楽しすぎたんだ。
なので、ここだけ見てるとそうは見えなかったと思いますが、まだまだ楽しくファンやってます。むしろ全力で楽しんでおります。
2016年も舞台には結構足を運んでました。歌舞伎だけは…チケットが取れなかったので行きそびれてしまった。かなりその事は後悔してます。

それで、久々に出てきたのは何でかというと、
「Twentieth Triangle Tour 戸惑いの惑星」
これです。この舞台のためです。いろいろと書いておきたくなったのです。

この後は盛大なネタバレだのを含みますし、細かすぎる。というわけで、追記にしております。
舞台を観劇して、ぜひ一緒に戸惑いを超えたいという方はぜひこの後もお付き合いください。



「ブエノスアイレス午前零時」観てきました その2

このエントリーではいくつかキーワードを取り上げて私なりに考えた事をまとめてみます。

その前に。
バレエ、ダンスが専門な私ですが、演目が同じで期間で上演される舞台をその期間中に数回見に行くようなことはそれほど当然の行為ではありません。自分の観劇履歴を漠然と振り返ってみてもバレエやミュージカルなどが割と高い比率を占めてるだろうと思いますが、それでもある劇場ある期間に連続している舞台に数度足を運んだりすることはあまりしてきませんでした。それをやったのはレミゼくらいです。あとはバイトで上演期間中ずっとドアに貼りついてたKARASの舞台くらい。
演劇の舞台は高校生の頃に夢の遊眠社(野田秀樹さんがやっていた劇団)にハマったことで行くようになりましたが、同じ演目は最高2回観たものが二つくらいあるだけ。一期一会と思っていたし高校生や大学生では(いくら遊眠社でもまだ単価のそこまでいかない時期ではありましたが、それでも)経済的にそれがまあ普通だろうとは思います。
それなのに。ここ最近、特にV6のメンバーの舞台に行くようになってからは天地がひっくり返ったのかというくらい複数回見たい病になっていて困ります。映画やドラマなどはいくらでも見返すことが出来ますが、舞台はナマモノ、足を運ばなければ観られません。それも、映像は変わっていかないけど、舞台は変わっていく、さらに新作ものというのは日々変わっていったりする。幕が開き、お客さんが入ったことで生まれる化学反応がある。
その当たり前なことにとうとう気づいてしまった。うわーしまった。やばい、沼だ。ズブズブ………。

それも、基本演者を見るのが何でも好きな性分なので、好きな人が出ている舞台は複数回でも観ていられるし、つまり観たい。それから演出や振付の仕事をしてることもあって、舞台で見たいものが多すぎるんですね。初見の時はそれはそれは眼だけは忙しく動いてるけど、頭のキャパは無いので収めきれてないんです。
というわけで贅沢だし普通の見方ではないのは百も承知で、そんなことまで観ていられるかと思われるのも覚悟で、つらつら書いて行こうと思います。

追記からどうぞ




「ブエノスアイレス午前零時」観てきました

パルコ・プロデュース
ブエノスアイレス午前零時
公演日程
2014年11月28日 (金) ~2014年12月21日 (日)
原作
藤沢 周
「ブエノスアイレス午前零時」(河出文庫)
脚本
蓬莱竜太
音楽
coba
演出
行定 勲
出演
森田 剛/瀧本美織 橋本じゅん、千葉哲也、
中村まこと、松永玲子、
松本まりか、村木 仁、川原正嗣、伊達 暁、
岡田あがさ、万里紗、竹口龍茶、
JIL Entertainment Gallery/原田美枝子
第119回(1998年)「芥川賞」受賞作、あらゆる世代の
支持を受け続ける藤沢周のベストセラー小説がついに舞台化!
行定勲が長年温めていた舞台化プランが蓬萊竜太の脚本によりこの冬ついに実現!

主演カザマ役には、数々の名演出家と共演してきた「森田 剛」が初の1人2役に挑戦。
ミツコ役には、今回が初舞台となる「瀧本美織」、マリア役には「原田美枝子」が決定!

森田剛演じる都会からドロップアウトし、山奥のホテルで働く青年「カザマ」。その「カザマ」が働く温泉ホテルに社交ダンスツアーの客として来た老嬢マリア(原田美枝子)。彼女が語る、アルゼンチンのブエノスアイレスでの娼婦“ミツコ”(瀧本美織)としての過去。
孤独な青年と盲目の老嬢、孤独な2人の運命的な出会い…。
老嬢の瞳の奥に宿る思い出は、現実かはたまた幻想か。
男の中で、忘れかけた希望とパッションが、走馬灯のように甦る。
雪国の温泉街のホテルと、ブエノスアイレスの酒場が交錯する。
老嬢マリアの語りで紡がれいく二つの世界。
二人がタンゴを踊る時、真夏のブエノスアイレスに切なく美しい雪が降る…




新国立劇場・中劇場で上演されている「ブエノスアイレス午前零時」を観劇してきました。
原作は読んでいなかったので、そのまま読まずに初日にまず観劇、その後も幾度か足を運び、今回は千秋楽はチケットが取れず、今日自分的楽日を迎えましたので、レポとまではいかないですが、観劇の感想を書いておこうと思います。


まず、私は舞台化や映画化が決まった時点で原作を事前に読んでいなかったら、あえて初見までは読まないことにしています。出来るだけまっさらな感覚で感じたいと思っているからです。
ですので、いくつか報道で出されていた情報だけを胸に初日を迎えました。だから原作で明らかにされていたりすることがあったとしても知らないままに観たことになります。このエントリーは舞台から受け取ったものをそのまま書きます。

それから、このエントリーは後日読み返しても舞台のシーンが思い出されるようにかなり具体的に描写しておこうかなと思いますので、未見の方はお気を付け下さい。

追記よりどうぞ




*CommentList

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR