Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コストナーのFS

GPSのスケートアメリカ大会、女子が終わり、
優勝はアメリカのシズニー選手でした。2位にはコストナー選手。

そのコストナー選手のフリーのプログラムがあまりに素晴らしかったので、
ぜひ紹介したいと思いました。


動画、お借りいたします。


曲はモーツアルトのピアノ協奏曲第27番。

先シーズンの「牧神の午後」も素晴らしかったですが、
今回のモーツアルトも、曲自体が派手ではないのに
コストナー選手は軽やかにダイナミックに滑りながらも、
ピアノの一音一音に細やかに、手の動きやステップの動きをはめています。

本当に「細やかに」というのがぴったりくるのでは。
曲の中のちょっとしたはずんだ音に手をふいっと振るなど、
音そのものを表現しようというのがテーマなんだろうなと思わせるプログラムです。

なので、つい魅入ってしまって、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

とかく、フィギュアはジャンプに目が行きがちですが、
音と動きの調和のすぐれた選手、プログラムは作品としてぜひ楽しんで欲しいなと思います。
まあ、ジャンプが失敗してしまうと、調和が乱れるということですから、
どんなに素敵な作品でもちょっと魅力は減ってしまうかもしれないですが。

今回のコストナー選手はジャンプの着氷で少し乱れたのが一か所のみ。
本当に素晴らしい出来でした。良かったー!

(優勝できなかったのはSPの差もありますが、ジャンプの構成でもあります。得点の一番高いルッツジャンプが入っていなかったりするので)

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。