Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化しつづける僕らの挑戦

先週金曜発売のオリスタ10/31号に、セクバニコンレポが載っています。
それもBook in Bookという形で、8ページ!

これが本当に良い記事です…
今回自分も見に行ったので、ついついいろいろなメディアのコンサート記事を見たりしましたが、
この記事はダントツの素晴らしさでした。

理解している人が書いてくださってるんだなーと思います。
生で見に行って、あのエネルギーにすごく感銘を受けたのかな、とも思いました。
言葉にのせる想いが記事からあふれている感じです。

冒頭
「”進化の瞬間”に立ち会っていた…」の書きだしから始まり、
「日本が誇るダンスボーカルグループの16年目の挑戦に、心からの喝采を送った」
と、こうくる。
そこにぽっと来ただけでは、なかなかこういう文章にはならない…これまでのV6を見てきて、理解している人が紡ぎだす言葉の数々…感動すら覚えました。

「テクニシャン揃いのV6だが、テクニック以上に、表現のしなやかさや、チームのブレンド感が伝わってくるライブは何とも心地よい。……略……年齢を重ね、たくさんの同じ時間を共有することでしか出せない深みや思いやりや愛のようなものが、その表現のそこかしこに滲んでいる。だから観る側も……略……深く濃く、その表現の緻密で繊細な美しさを噛みしめることが出来た気がする……」




V6はライブを観に行ってこそ、その良さが深くわかる、

そういうファンの人の言葉をあるところで見てから、
ライブという場所が、彼らが彼らを一番表現できる場所なんだろうなと思ってました。
個々の活動もいい、CDで歌を聴くのもいい、番組でしゃべってる姿も見てるのもいい、
けど、やはりそれらは6人が一緒に作り上げるコンサートという場があり、
それが土台となって、支えになっているのだと思います。
上の言葉はそういった彼らの姿をしっかりととらえて、表してくれてると思います。

そして
「上質のステージだった。あらゆるダンスボーカルグループがお手本とすべき本気度と完成度があった」
に始まる後半の文章は泣かずにはいられません。
「明日の傘」をラスト曲に選んだ彼らの気持ちをここまでくみ取って文章にしてくれたところはなかった。
素晴らしい記事をありがとうございました。と本気で言いたい。

また6人を個別に紹介してくれているページもあるのですが、
それが「永遠の…」を冠言葉に、それぞれの魅力があえていうならどこなのか、という表現が面白い。
年長者から順に、
「永遠のスーパーシンガー」
「永遠のスーパーマイルド癒し系」
「永遠のスーパーブレイン」
「永遠のスーパーダンサー」
「永遠のスーパー少年」
「永遠のスーパーアクター」

です。
これだけみると、えーそう?かな?と思いつつ、いやそこだけに断定できないでしょ、と思うのですが、
それぞれにつけてある記事がまたうまいんだ!なぜこの名称なのか!
読んでいるうちに納得させられてしまう…というより、この方、どれだけ彼らを見て理解しているのだ!と思わず尊敬すらしてしまいました。


特に私が一番感動すらしてしまった言葉は、
上の記事のMヤケくんのところで、
「リズム感と音感に優れ、群舞のときもコーラスでも、ピタッと正確な場所に声や動きをはめ込んでいくが……」
と書かれていたところ。
コーラスで全く違う色の6人の声がうまく融合するのは、Mヤケくんの声が結構重要だということだよなーとなんだか改めて腑に落ちたのです。
しかし、末尾にハートマークが書いてあるの、Mヤケくんのところだけww
もしかしてファンかな?

まあ群舞の立ち位置はピタッと行っているかは…「?」だったりする…?wwww

Nガノくんのところもすごくいいこと書いてあるんだー。Nガノヒロシのすごいところはまさにそこだ!


その他のtopicsの記事も、なんでしょう、このかゆい所に手が届く的なチョイスは…すごいよ?


ぜひぜひ読んでほしい記事です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。