Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳のお話

昨日はお休みでしたが、
私は朝からもくもくと衣装作りしてましたww
スカート三枚とワンピース一枚…作り上げました!

お裁縫はあまり得意なわけではないんですけど、
衣装はやらなきゃならないときもあったので(特に大学時代w)
一応は何とかやります。
でも粗があっても許される「衣装」までね。

それから合間にポスターとチラシの初稿があがってきたので、
チェック入れて提案して戻して、
訂正版が上がってきたのでまたチェックして…
こっちの作業は大好きな作業。
あとはプログラムなんかもあるので、頑張ります。

本番まであと1カ月なので、またもやいろいろお仕事山積み。
好きな仕事なので、楽しいことも多いのがうれしい事です。


なんて。充実した1日をすごしたぞーと思ってたら、
夜になって娘がめそめそめそめそ…泣いてる…

息子の迎えで夜10時近くに帰ってきてもまだめそめそ(ノ_-。)

む…これは…まさか…
この寝るときになってぐちぐち泣いてしまう症状は…

「耳が痛いよー」

やっぱり((>д<))
中耳炎だーーーーー!


寝るのに横になると痛さが増すらしく、
子供の中耳炎はさあ寝ようという段階で発覚することが多いんですよ。
上の子たちで3回ほど経験してますが、
どれも夜寝ようとしたら泣きはじめるパターン。

はー、即病院に電話ー。抗生物質もらわなー。
休日だし、夜間だし。もう救急か。

連れに近くの大学病院に電話してもらったのですが、
どうやら雲行きがあやしい…?
やけどもナイフでざっくりも診てくれたところなのに、
どうやら様子を見ろと言ってるらしい。

えーそんなーこんなに痛がってるんだよ?

そしたら「バファリンか何か鎮痛剤ありますか。それ半分に割って飲ませてください」とな。

まじ?それって禁じ手じゃないの?

というわけでここではとても受け入れてもらえないようだ。
仕方ないので夜間救急の案内をしてもらうために自治体の方に電話を入れてみたところ、
紹介されるところが大学病院ばかり。
理由が「救急指定病院です」

んーこれだとたぶんね?同じ?

一応一か所かけてみるけど、やっぱり同じ指示を出される。
中耳炎は後遺症がないから我慢させて、とまで言われた。

もうしょうがないかーということで、
15歳以上からのバファリンを割って5歳児にのませました。
冷やすために氷枕も用意して。

そのまま寝かしつけるも、泣いて泣いてしょうがない。泣き疲れて寝ました。
こちらも疲労困憊~(ノДT)がくー。


夜中も何度もうなされて起きるので、こちらも細切れ睡眠。
久々だよ、細切れ睡眠、子育ての一番つらいのは細切れ睡眠だー!


今日になって、薬が効いたようで、
朝は割と元気に起きてきましたが、
まだ耳は痛いというので、娘以外の全員を送り出してから
耳鼻咽喉科に行って、やはり中耳炎の診断がおりました。
それも両耳…ダブル中耳炎…

しばらく病院に通います。


えー診断がおりるまえに、実をいうと耳アカを取ってもらったのですが、
すごい硬くなって家では取れなくなってたのです。
良かった。取ってもらえて(^▽^;)

そうしたら先生から衝撃の一言が!

「家で耳掃除はしないでね、お母さん」

耳掃除をすると、結局アカを奥に押し込んでしまい、
結果今回とってもらったような固まりになってしまうのだそうです。
前に所さんの目がテンでもやってたよ。これ。
その時は「えー本当?どっち?」みたいに友達の間で盛り上がったんですが、
それぞれの周りの耳鼻科の先生に言われてることが違うので決着つかなかったんですよ。

10年前は違うこと言ったよ?うちの先生も。

いろいろ変わるってことなんだねー。
歯磨きの仕方の指導も変わったらしいしね。
というわけで、今の常識は
「耳掃除は家ではしない」:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。