Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駆け込み映画鑑賞!

今日は急きょ午前中映画を観てきました!
突然思い立ちました。
すごいぎりぎりの駆け込み鑑賞「プリンセストヨトミ」です。
近場はもう今日まで。それも午前の朝の回一回のみの上映だった。
うほーあぶねー(((( ;°Д°))))


というのも、ふと気付くと来週からはもう幼稚園が午前保育。
これでは夏が終わるまで午前中を好きなことに使えないのですよ。
今日行かないと、もうしばらく何もできない。

末の娘が昨年幼稚園に入った時、何が一番の楽しみだったかというと、
平日の午前中に何か好きな事を一人で楽しめるかもしれないという事でした。
一番上の子の妊娠から結構長い間、あれもこれも出来ないんだということが多かったなあ。
世の中の子育て中の母たちはいろいろ我慢して頑張ってます。

とりあえず平日の午前中があくと出来ることというと、
映画とか観に行けちゃうんじゃない?と気づいてからは楽しみで楽しみで。
映画を誰かに頭を下げる(つまり子守を頼むという)ことなく観に行けるなんて夢のよう!
でも1時半には帰ってこないといけないので、近場で朝の回がないと行けないんだよね。

なんてことを夢見て入園したものの、昨年は役員関係をいろいろ引き受けてしまったので、
仕事もあるし、なんだか毎日忙しくて結局一度も行けなかった…(ノ_・。)

今年はちょっと踏み出して、行けるときは頑張って行ってみようと思ってました。



ということで今日は「ぷりとよ」鑑賞日でした。
予告編はいっぱい観たのに、肝心の本編がなかなか観に行けない!
でももう今週辺りで上映が終わるところも多いと聞いたので、
半ばあきらめかけていた心に火がつき、調べてみたところ、
今日の朝の回で上映終了の劇場が渋谷にあると知り、
これなら行ける!まさにいろいろな意味でラストチャンス!

お願いだからだれも病気になってくれるな…!!







ということで前置きが長くなりましたが、ぷりとよ鑑賞記です。
いやただの感想の羅列です(;^_^A

でも正直、一回だけじゃ理解しきれなかった、です。
ん?最近映画観ると毎回同じこと思ってるような気もするが。
…特にOカダマサキくん演じるゲーンズブールのキャラの後半の展開が
「???」でした。
これは原作をちゃんと読まないとだめだ。途中まで読んで止まってるのです。えへへ。

観ながら私が思ってたことといったら、・
・Tツミさんのネクタイが太めだー
・Tツミさんがずっと顎あげて目が半開きだー
・おっといきなり国会議事堂ですか。そのままUターンしちゃえ!(←違う)
・うーむこのスーツはなで肩が強調されるなっ(←ひどいww)
・お、Kウモトマサヒロさんだ!この人の演技も好き。
・Uカジ!ぶざえもーん!
・Sサモトさん、この人初めて観た時からまったく変わらん。不思議すぎる。(ちなみにレミゼです)
・お好み焼きが美味しそうすぎる…
・OJOの床を踏む音が好きだー。古い木の床がみしみしいう感じ。
・ん?引き出しに文房具がなかった→後から来たらちゃんと入ってるってどういう意味?
・うわおTツミさん「フォトグラフィック・メモリー」っすね!(←個人的に一番盛り上がったところww)
・大阪国のお話…展開が早い…。
・Tツミさんが「立ちあがれ」だって!…て違う「立ちあが[る]」でした。
・ソフトクリームが溶けてしまいそうでハラハラする…
・そうだ、チャコちゃんの飛び蹴りはリアルでやってほしかったよ(←無茶ぶり)
・この合間に挟まる映像は「子どもの時の記憶フラグ」だな。
・お墓参りのシーンでは後ろのOカダくんが怖い…この監督さんは縦ラインの映像が多いね。
・3階から!下にいた組長の息子の方が大丈夫でないのでは…。
・Kイチさん、何着ても似合う、でもスーツが素敵v
・おおーここが素人離れした大阪のエキストラさんのシーンね。
・えええ!発砲!!!!?でもって倒れるのが…またあなた…
・後半怒涛の親子愛劇場…
・うわああああ 父親がHラタミツルさん!
・私は今Hラタさんなら何やっても許してあげたいのだ!いいです、許しますw
・そしてTツミさん、また父親の幻ネタ…
・この人甲冑姿でもガニ股歩きなんだね…いいです。
・なんだかんだいって、これも愛の物語かー。

Hラタさんのおかげで全部丸く収まった( ̄▽ ̄)=3、と、そういうお話でした!(←違います)
設定とか展開とかいろいろリアルなのかそうでないのか、
私的には入り込めない感じはどうしてもあるのですが、
でもなんか父と子のお話で、というところですべて丸く終わるのは結構弱い展開です。

と、感想っぽく語っても、実は妙に某映画と重なるネタが多くて変なところに反応してましたっ

でも人っていいよね、と観客に思わせてくれるのは
映画を作るのテーマとして必要なんじゃないかなー。と思うので。

あ、もう一つ、富士山の十字架の話も「?」だった。
早く原作読まなきゃ!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。