Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高まる期待

ちょっと前回の記事だけだと、
一体どんなグループなんだよ、と思われそうです。
要は家族なんですよねー。
人生のなかでそういう人たちと巡り会えるってとても素敵な事で、
その温かい雰囲気は周りも幸せにしてくれる力があると思います。
だから6人でいるのを見てると嬉しくなっちゃうんだなーと。

金曜日にはいいともにいのっちがテレフォンのゲストで出ました。
はじめは紹介してくれた坂口さんと知り合うきっかけのお話。
前に住んでいた部屋が実はその前に坂口さんが住んでいて、
住所変更をしていなくて、いつまで経っても坂口さん宛ての手紙が届くので、
それをある程度まとめては渡していたと。
坂口ボックスとか作ってるいのっちが容易に想像できて面白かった。
そしてタモさんには食ネタで、とばかりに、家庭菜園の話で盛り上がるww

それから腹の立った話(?)では車で信号待ちの後、
すいーっと静かに発進したいいのっちが、
後ろの車からクラクションを「パーン!」と鳴らされ、
「なんだよ、俺は静かに発進したいんだ(-""-;)」と。
でも次の信号ではその車が横につけてきて、
「なんだ、こいつが鳴らしたのか」と見たら、
むこうがいのっちということに気がついて、
「写真!写真とってくれ!」とお願いされ、あたふたとカメラを探し始め・・・
そうしている間に信号が変わり、むこうの車がその後ろの車から
「パーン」と鳴らされた、ちゃんちゃん!
その間にこちらはすいーっと発進したんですけどね。

というオチのついたお話。全然腹の立つ話になってないww

最近はいのっちの話術に感心してばかりだわー。
これも相手のことをそんなに怒ってる感じしなくて、
むしろ面白い話にしちゃってるし。

今アシスタントをやってる後輩たち(百識王で一緒の子だよね?)のことを
「あ、お世話になってます」とかすっと言えちゃうし。

自然体なんだもん。

次のお友達紹介は金閣寺の演出の宮本亜門さん。
「うちの森田がお世話になってるんです」
「金閣寺、本当に面白いんですよー!」

いのっちって、いつでも本心で話してる。
言葉ひとつひとつが嘘偽りなくて、力を持ってる。と思います。

その亜門さんはツイッターで
「森田くんの素晴らしさをたくさん話してきます!」と宣言してくださって、
月曜日のテレフォンでは約束どおり熱く語ってくださいました。

「森田くんが本当に溝口になりきっていて」
「見たら、森田剛という役者の凄さが本当にわかる」
「普通は原作読んだりして役作りとかするんだけど」
「森田くんは読んでいなくて、ここまできたら意地でも読まないんだけど」
「その上で、このお芝居に入り込んで役を作ってくれている」
「だから尚いっそう素晴らしい出来になっている」

といったようなお話でした。
(一度見ただけなので、うろ覚えで細かいところは違うかもしれませんがニュアンスはこういう感じ)

とにかく、役者・森田剛の凄さを熱く熱く伝えてくれたので、
今度観に行くのが本当に楽しみになってきました!

次はつながったら面白いのに・・・と思ったけど、
残念ながら武田鉄矢さんに行っちゃいました。

今日は徹子の部屋に亜門さん出ていたけど、まだ未見。
どんなお話してくれたのかな?

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。