Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『speed』読みました

プリトヨの観賞記が全く映画の良さを伝えきれてないので申し訳ないです、という…。

原作を読んでいないのがやっぱり初見では痛かったのかな。
と反省。今読んでます。
ただ日々の生活の波にもまれて、一気に読めないでいます。

プリトヨの原作を買ったのは随分前なのになあ。
それ以外に読みたい本とか読まないといけない本とか
観たい映像とか、とか、とか、
いろいろ手を出しすぎなんですよね。
私の秘密の棚(笑)にはまだまだいろいろなものが山積みです。

プリトヨを読む前に、こちらを先に読んでいました。

金城一紀さんの『speed』です。
これが文庫化されたので早速買って読みました。
面白かった!!!!

SPEED (角川文庫)/金城 一紀

¥580
Amazon.co.jp

「Fly Daddy Fly」で知られる、ザ、ゾンビーズシリーズの第3弾です。
私はあまり単行本で読まないので、この話も今回が初見でした。

以下、少しお話の内容に触れます。
お気をつけください。







時期はゾンビーズの一人、ヒロシが亡くなって、
卒業式の時に皆で沖縄へ旅行に行く
その二つの間の出来事。
仲間の一人を自分たちではどうしようもない何かの大きな力によって奪われてしまった
という虚脱感から抜けだすきっかけとなった、
ある女子高生とともに(進んで)巻き込まれた事件のお話です。

女子高生の視点で話は進みます。
でも恋愛とは無縁なお話です。個人的にはそこがいいと思います(・∀・)
ある大学の学祭にからむお金と人間関係と今の日本の政治的状況、
それらが複雑に絡み合い、一見、一介の高校生では立ち入れないような世界。
ある出来事でその世界に関わる事になってしまった女子高生とゾンビーズの面々が
どう動いていくのか…。

このシリーズの魅力的なところは、
「オチコボレ」の学校に通っていて
「オチコボレ」な高校生と自ら言っている
ゾンビーズのキャラクターたちが、
きちんと自分たちで見て自分たちで考えて自分たちで行動していく。
という地についた生き方を見せてくれるところかなと思います。
そして仲間としてそれぞれがお互いを大事にしている、
青春物語と言ってしまえばそうなんでしょうけど、
でもそういう仲間と一緒に一つの目標に向かって動いていく話は
とても好きなんです。

期待を裏切らない、最初から最後まで飽きさせない展開。
ラストに向けてどこを切り取っても画になる場面、情景の連続です。
ビジュアル的にもFDFのキャラクターで想像できるので、
読んでいて、すっと頭に映像で入ってくるのも大きいのかな。

そして相変わらずスンシンがかっこいい。
南方もかっこいいです。

FDFでは登場しなかったアギー。本名が「佐藤健」なので、
Sトウタケルくんで想像してみようかと思いましたが、ちょっと違う、気もする。
もうちょっとハーフっぽい感じかな。私の中ではFカミモトキさんでした。

この話にはバレエ用語が出てきます。
表紙はジュテ(跳躍)をしている絵。ジュテ=自分がいる場所から出て行きたいという象徴。
この話のテーマです。

主人公の女子高生が身体を鍛える為のジョギングの途中で挑戦するのがピルエット(回転)
プレパレーション(準備動作)からのピルエットの描写があまりにうまいので、
Kネシロさん、実はバレエ習ってるんじゃないの?って思ってしまいました(*゜▽゜ノノ゛☆
FDFの鷹の舞もそうでしたが、
「舞」と「風」がこのシリーズには流れている感じがするんです。

ぜひ一読ください。面白いです。

そういえば南方役だったMツオトシノブくんが
日曜夜9時、『イニ』の後番組女4姉妹のお話に出演だそうです。
サイトに行っても名前が出ていないのでどんな役なのかなーって思いますが、
事務所移籍後初のお仕事だそうなので、頑張ってほしいなー。

最後に最大のオススメ!!
FDFのOカダくんの鷹の舞は、舞踊が専門の私が見てもほんとーに!素晴らしいので、
ぜひ皆さんに見てほしいです:*:・( ̄∀ ̄)・:*:

Comment

1. ゆとりの時間  


本を読んだり、映画をみたり、少し遠出したり、日常からほんの少し離れた時間は必要ですね。私はずっと日常に浸かりっぱなし・・・時間の使い方をもう少し工夫して、隙間の時間を利用すればいいのですが・・なかなかです。いつかそんな時間がとれたらいいな~と思います。今のところ非日常は庭だけですねϵ( 'Θ' )϶
  • posted by are 
  • URL 
  • 2011.07/04 10:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

2. Re:ゆとりの時間  


>areさん
いつもコメントありがとうございます。
隙間時間を作るって意外に難しい事ですよね。
ちょっと前までは私も日常に流されて自分の興味を持つ事が通り過ぎて行く感じがしてました。
子育ての忙しさがピークだったここ7,8年は仕事が非日常で譲れない時間だったりもしたので、areさんの庭仕事もそんな感じなのかなって思ってます。だってあんなにいろいろな人を幸せに出来るお仕事ですもの。
でも映画や本や遠出していつもと違う空間に身を置いてみるというのは、何か次に進むためのちょっとした「えさ」みたいなものかなって思います。そういう時間が取れるようになるといいですね。
  • posted by ある 
  • URL 
  • 2011.07/04 20:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。