Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国別対抗戦、終わった~

4日間に渡って行われた国別対抗戦が終わりました。
結果は日本優勝\(^o^)/おめでとう~!

そして、男子では大ちゃんが、女子ではあっこちゃんが1位となりました!
開催国だから、とかそういうことが記事に出ていたのをちらっと見かけたりもしましたが、
そんなことはない!
やっと、二人の良さを正当に評価してもらえた!と私は感じました。
男子も女子も2位にはワールド優勝のPチャンとカロだったけど、
二人が完璧な演技だったら結果は違っていたかもしれない。
今回のジャッジは、おおよそ納得出来る点のつき方だったように感じました。

【総合】
1位 日本 55点
2位 アメリカ 53点
3位 カナダ 42点

【男子】
1位 高橋大輔(日本)
2位 パトリック・チャン(カナダ)
3位 ブライアン・ジュベール(フランス)
 ・・・
6位 小塚崇彦(日本)

【女子】
1位 鈴木明子(日本)
2位 カロリーナ・コストナー(イタリア)
3位 アシュリー・ワグナー(アメリカ)
  ・・・
6位 村上佳菜子(日本)

【ペア】
1位 バザロワ/ラリノフ(ロシア)
2位 デュメル/ラドフォード(アメリカ)
3位 高橋/トラン(日本)

【アイスダンス】
1位 デービス/ホワイト(アメリカ)
2位 ヴァーチェ/モイアー(カナダ)
3位 ペシャラ/ブルザ(フランス)
・・・
6位 リード/リード(日本)

トータルのポイントの取り方はこちらを参照に。
$Believe your smile

日本はシングルでやはり点を稼いだのが大きいのかな。
こづがよく順位を上げてくれた、とか、かなこちゃんが踏ん張ってくれた、とか。
高トラペアはフリーでミスが出てしまって順位を落としてしまったけど、
点はほんのわずかだったので、残念だったな、とか。
アメリカ男子が思いのほか順位を上げられず(あぼ・・・)だったけど、
その分女子の二人が頑張っていた。
特にジュニアで不利なはずのゴールド選手が頑張って5位に食い込んでいたのは
本当に素晴らしいです。

カナダとフランスは女子が弱くてちょっと点数を稼げなかったのね。
ロシアはまだまだソチに向けていろいろと台頭中という感じがした。
若い世代が結構頑張っているので、
来年からはもっと力を入れてくる気配満々でしたねー。


でも、とにかく今回の国別は応援込みで見ていて本当に楽しい大会でした!
特にイタリアが頑張って、それに対抗する形でフランスもエスカレートし、
アメリカもアメリカらしい応援満載で、意外とロシアもノリノリという。
そして日本はどうやら協会側から「開催国なんだから品位を持って騒ぎすぎず」などど
事前に通達があったらしいのですが、
それなりに節度を持って頑張って盛り上げていたと思う。
今日になってくだらない記事が一部で出ていた(必勝とかいたハチマキ批判)
けど、体育祭のノリで別にいいじゃん?なんでそう目くじら立てるのかわかりません。

何よりお客さんはそうやって自国の選手をみんなで応援している姿も楽しんでいて、
それで日本の選手だけでなくてどの国の選手も全力で応援の拍手をして、
それでまた演技する選手も観客のノリに喜んで・・・
ってすごく良い相乗効果だったのに・・・
そういう大会なんじゃないの?ってすごく思う。

一日だけ観戦することが出来て、本当に楽しかったです。
どの選手の演技にも惜しみなく皆が拍手したし、
失敗したときも、「どんまい!」という気持ちで温かい拍手が湧いたし。
キスクラでの諸々に笑って、一緒になって盛り上げた!という感覚がすごく心に残りました。

印象的な応援の様子。
アイスダンスのペシャブルの時、フランスチームはいくつか前の演技をしているときから
応援席でお互いに包帯に見立てたトイレットペーパーを
ぐるぐるぐるぐる身体に巻きつけて準備していた(ペシャブルの衣装がそういう感じなので)
そしてそこにはそのあと滑べるであろう男子のジュベールも一緒になって加わっていた。

イタリアは毎回色々なテーマでコントのような事をしていた。
そして自国の選手が出てくる場合にひたすら煽りの声を出しまくっていた。

男子アモディオの演技の時、ひな壇状の応援席の通路にフランスチームが並び、
曲に合わせて踊りまくっていた。ノリノリすぎて、そちらにどうしても目がいったww

大ちゃんのキスクラで、日本チーム全員で「ファッショナブル&リラックス」(@木下工務店CM)を
やっていて、あっこちゃんのポージングが妙に本気モードだった。
あっこちゃんはマンボのポーズもマスターしてるからすごいww

そして何といっても、
大ちゃんのフリーの神演技のあと、
フランス、イタリア、アメリカ、ロシアの選手達が
スタンディングオベーションの後に
キスクラの上に押しかけてきて、ばんばん叩いて演技を褒め称えてくれたこと。

これは決して他のコンペではありえない光景なので、
現地ですごくすごく嬉しくて感動して、涙して、
今でもここのシーンを見るとうるっとしてしまいます。

大ちゃんの点数の時は「ひゃくはちじゅう・・・」
の「はち」の声を聞いた瞬間に会場中が
どわあああああああとなってものすごいエネルギーだったー。
(ワールドの時に「なんで180超えないの?」って皆思ったからね。
スケオタじゃないEさんからもメールが即来て、「なんで180超えないヽ(`Д´)ノ」って言われたww)

すごい。病みつきなりそうなくらい、すごい経験でした。


その時にエネルギー使い果たしたらしく、
昨日から風邪っぴきで熱をだしてフラフラしてます(苦笑)

なので、国別の感想がんがんに書きたいのですが、
とりあえず急ぎこんな総括で。

次は直に見た選手達の感想を書きたいなと思います。




Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。