Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

と、と、と、図書館戦争ー?!

V6のofficial webサイトで謎のカウントダウンが始まっており、
もう2時間ほどとなりました。

もしかしたらうわあああああ!って大騒ぎになるかもしれないので、
その前にこの話書いちゃわないと!と急ぎ打っております。
カウントダウン、何なんだろう、どきどきどきどきどきどきどきどきドキドキ。
ま、かなり願望に近くてもしかしたら妄想の域かもしれない期待は違ったときに凹むから
予想は書かないようにします。
ブイ友さんたちもこぞって「あまり大きな期待はしすぎないようにしよう」・・・←ぶいファンの自重

えいべなので某TぶーSよりは期待してもいいかなとか思いますけど、
でもあれもこれもそろそろあってもいいでしょうよ!的なものが列を成して控えてるのですが、
それを一気に解消してもらうのは無理だろってことで、
やはり大きな期待は(ry
ヘンサーチの「このあと重大発表!」詐欺に何度怒り心頭になったことかww
でも何かしらここで記事に出来る何かがあると信じます。


さて。表題。

ハワイのワイキキビーチのパラソルの下でくつろいでいる時に飛び込んできたニュース!
「図書館戦争、岡田准一と榮倉奈々で実写化!」



( ゚-゚)( ゚ロ゚)(( ロ゚)゚((( ロ)~゚ ゚



なにいいいいい!


まじで?まじで?まじでえええ????

なになに大パニックですよ。実写化、実写化、あーそれだけは!
それもじゅんいち、お前なにやってるんだあああああああ!

もう大混乱。どこから気持ち整理つけていけばいいの!

なぜこんなに動揺してるのか、ちょっと今思うなりにまとめてみました。
追記からどうぞ


えーと、まず誤解をされないように始めに言っておくと、
私は図書館戦争の原作、大大大好きです(≧▽≦)
もとは萌友さんに勧められて読み始めたのですが、もうドハマりで一気読み!
萌え語りまくりしてたりして、その時に人気投票で準主役といえる堂上教官役に岡田くんがダントツ一位で選出されたんだよって情報もいただいてました。
確かに、
「本好きで背が低く、(軍隊所属という設定から)格闘全般得意」というフォルムは岡田くんにぴったり・・・
そのアンケートがSP全盛←の頃のものとはいえ納得、納得。

でも読み始めたら”鬼教官”というキャラクターもあって、結構激しく怒鳴るところとかも多く、
言葉使い的には岡田くんでは想像しにくい。。。と思ったりもして、
萌友さんとは「やっぱりちょっと違うかもねー」って話してたんです。
個人的には実は剛くんの方が合ってそうとか思ったり、でも体格としては細すぎるような気もするし、とか。

ま、そんなこともあったし、あの近未来の独特な世界は実写化したらあまり表現しきれないような気がするので、
正直実写は嫌だーーーーって思ってました。
アニメ化したりCD出たり、ぬぬぬ、妙に盛り上がってきた流れをここ1ヶ月ほどは感じてましたが、
お願いだからそこで打ち止めで、なんて思ってたんですけど、

やはりか、やはりなのか・・・(_ _。)

どうせ実写化されてしまうなら、岡田くんで良かったかも。
ちょっと違うなと思ってたところも岡田くんなりなキャラにしてきっとかっこよくなるに違いない。
(注:堂上は元からすごくかっこよいキャラです)
もしかしてやっぱりものすごくハマるような気もしてきた。うむ。←えらそう

相手役はやはり人気投票で1位だった榮倉奈々ちゃんなのか。
うーむ・・・・・そうだったんだ。
イメージとしてはNガサワマサミちゃんとかなとか思ったりしてたんですが、
そうですか。
というかまさみちゃんとじゃコクリコと一緒になっちゃうもんな。
Tケイエミちゃんとかもそれっぽいけど、身長がもっとあるような気がするしなあ。




でもさ、でもでも!
うわーん、岡田ああ、何やってるんだよー。映画の仕事引き受けすぎだろ!
というか図書館戦争GW公開!??
なに?なに?なに?いつ撮影やるの?
10月クランクイン?あほーー!

今「永遠の0(ゼロ)」の撮影でボウズなのは周知の事実。

その撮影が9月くらいまでかかるらしいって聞き、
剛くんの蜷川舞台が来年1月からって聞いて、他のメンバーの舞台情報もないし、
いのっちの9係も9月頭には撮影終わるだろうし、
新曲も出たしさ、ほら。
これは秋コン・・・じゃない・・・?ってここ2ヶ月くらい(←長い)そわそわそわそわしてる。
前回はほぼ飛び入り参加だったから、今年はしっかり楽しみたいから情報早くー早くーって思ってるのに!
なに、10月クランクインって!!

どういうことだ、おりゃああああ!!
勝手に期待してるのはこっちだけど、こっちが勝手に想像してわくわくしてただけだけど!
やっぱり、今年はコンないの?ってみんなでショボーン・・・


それに、これはまたしても私も勝手な意見なのですが、

天地明察の算哲が9月公開で、予告見てたらこちらもすごくいい作品な予感。
算哲の人生を描くのに、すごく力を入れて準備していたのを知ってるし、
原作とは一味違ったシーンですごく心に来るシーンもあった。

そのあとのゼロの宮部久蔵のために、これまたものすごく準備して
本も相当読んだり、身体もそのために絞って作り直したり、
と、やはり岡田くんらしい誠実さで役に入ってるんだなって期待してたのです。

天地の撮影が昨年のコンの前だったことを考えると、
撮影から作品が公開されるまでの間が長すぎるのもちょっとどうかなとは思いますが、
今撮影のゼロも情報が出ても実際の公開まであと何ヶ月もある。
そして今回の図書館戦争。
ここに来ての主演、主演、主演の文字のオンパレードに
詳しい流れを知らない人にはどの作品にもただ出てるみたいに映るんじゃないかなとか思ってしまうのです。

実際には天地もゼロもすごく時間かけて頑張ってるのにそう見てもらえないだろうっていうか。

結構ドラマでも「またこの人か」とか「この人出しておけばウケがいいだろ」とか思って
キャスティングしてるんじゃないかって思うことありませんか。
某俳優さんをなんだかひたすら見るので、せっかく本人がいい味もってるのに、
こんなに露出多くちゃ全部同じ感じに見えるような気がする!
って実は某所でMちゃんに叫びまして。
結構仲間内で盛り上がった議論になったのですが、いろいろな俳優さんたちの話になって、
結果実力もそうだけど事務所のマネージメントがいかに大事かって話になったのです。
そこであげられた上手な俳優と事務所、下手な俳優と事務所(本人が問題なのはのぞく)というのを聞いて納得。

だからさ、だからさ、どのタイミングでどういう作品に出て、
さらにいえばどのタイミングで発表とかすごく大事だと思うの。

今、「え?なんでボウズ?あ、主演の映画か、ん?すごい宣伝してるの映画?また違うやつ?」って印象の今の段階でのこの発表は正直
やめてほしかった、です
勝手な意見なの、ごめんなさい。

ていうか、堂上って主役じゃない・・・なんか岡田くんのネームバリューにのっかってW主演みたいな宣伝も嫌・・・(←うるさい)

でも堂上はやはり岡田くんでよかったかなとか思うから複雑なのです。
お母さんが原作ファンだから断れなかったか(笑)
多分コスレスの監督だっていうのもあったんだろうなーと思う。

それに、図書館戦争が10月CIなのにGW公開って早くない?
今のブームのうちにやっちゃえ!感が見えちゃうような気がするのです。
大好きな作品だし、岡田くんが出る作品だしもっと大事に作って欲しいのに。
佐藤監督ならすごこだわってくいい作品になる気もするけど、、

はー不安7割、期待3割って感じです。


あと公開もね、もしかしなくても天地とゼロの間に入ってくるよね、図書館戦争。

天地も一人の人生を追った熱い作品で・・・・
ゼロが・・・ゼロがあの重いテーマで絶対涙なくして見られない肉厚な作品になるだろうに、

間にこのキャラクター入れちゃうの?鬼教官・・・・
同じ軍隊ものとか、そういう括りはおかしいから。
ゼロはなんといっても実在した人物なんだよーーーーーー!

堂上教官が好きなだけに尚更いろいろ複雑すぎる・・・

これがゼロの公開の1年後とかに図書館戦争だったら全然OKなんですよ。
すべてはタイミングがしっくりこないの。
天地もゼロも岡田くんで良かったし、堂上も他の誰かになら岡田くんで良かったし。
でも合わさるとこんなに複雑になるのは

もうなんでなのーーーー!。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


すみません、もうテンション変な状態なままめちゃくちゃ書きなぐりました。
ずっとこんな調子で、動揺してます。
一報目の時は動揺しすぎで、ハワイで足をパラソルの外に出したままやり取りしてて
ひざ下焼きすぎました(阿保)・・すごい痛い・・・夏の直射日光おそるべし。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。