Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プリトヨ読み終わりました

今日は珍しく(送り迎え以外)一日うちにいました。
Oカダくんが明日公開のコクリコ坂の宣伝の為に
一日中がんばって小刻みに出てくれているので、
楽しくテレビつけて片づけしてました。

でも午後も3時をすぎて小学生組が帰ってくると
うるさくなるわ、家の中は暑くなるわ、
一気にトーンダウン。
そうこうするうちにガス屋さんが到着して床暖房の定期点検をしていきました。

家じゅうの床暖房を付けて10分ほど。それも最高までご丁寧にあげてくれたので。
ほどよく家全体が熱くなってこれは一体なんなんだ状態でした。

家の向きとして、ちょうど3時くらいから夕方にかけて
がんがんにリビングに陽が当たるし、
室外機がまたちょうどそこにあるせいか、
クーラーかけても効いてる感じがしない。

また今日は見事に晴れわたっていて、日差しが焼き付けていたよね。

ヒートアイランドのせいか、オゾン層破壊のせいか、
とにかく日差しは痛いし、気温は高すぎる!
こんな状態だったら、日本も早くシエスタ制度を
導入すべきではないかと思ってしまう。
午後2時から4時まで日本全国すべてお昼寝!!!
電気という電気消して、節電にもなりそうだし。

昔スペインに行ったときはものの見事にお店が閉まっててびっくりしたっけ。
日本人の感覚としてはいくらシエスタといっても、
多少のお店は開いているじゃないの?って思っていたのに、
通りから人がいなくなってびっくりしたー。
そのかわりというか、夜6時7時くらいからすんごい外がうるさかった。
そして11時12時くらいまでずっと騒ぎ続けてた。
スペインという国は、しずかに夜を過ごす選択というものが存在しないのかと思ったよ。
まあホテルが大通りに面していたせいだったみたいなんですけどね。
でも夜に盛り上がってるお国柄なのはあってるかな?

さて、プリトヨの原作を読み終わりました。
やっと理解できたところも多々あり。
通して読んだらいろいろと納得出来ました。

一番疑問であった、大阪国の存在に対しての感覚が
原作を読んだことで随分変わったような気がします。
特に主要人物でない大阪国の国民の人たちのエピソードの羅列があったので、
なるほど、こういう感覚かあと。
大阪国があり得るかも、という感覚というか。

それ以外にも細かい部分で映画では受け止めきれてなかったところが
補足されて、それぞれのキャラが立ってきた感じがしました。
あれだけの長さの原作を一本の映画にするのはやはり難しい作業なんですね。

そして、大筋では違いがないものの、
原作と映画ではラストの辺りは随分違っていたりするんですよね。
まあ一番大きいのは部下二人の性別が逆転していたところでしょう。

旭というキャラは映画ではOカダマサキくんなのですが、原作では女性。
鳥居というキャラは映画ではAヤセハルカさんですが、原作ではもうちょっと冴えない感じの男性。

鳥居はともかく、旭の性別を変えてしまったのは、
ちょっとばかりあることに対しての動機が脆弱になってしまったような。
そこが残念。
(最初に出演させたい俳優さんがありき、だったのかな)

もう一度映画を観に行けば、また違う映画の良さが見えるのでしょうが、
もう近場はほとんど終わってしまったので、
あとはDVDになるまでおあずけ、かな。
戦国時代の映像を入れたことに結構意味があったのかなと思いました。
あの辺りを視覚化した監督の意図みたいなものをもう一度味わいたいですね。
なにせ最後はHラタミツルショックで怒涛のように過ぎてしまったのでww

しかし何で始めから(初見で)映画の内容を理解しきれないのでしょう。
というほど見にいっているわけではないのですが、
ドラえもんの「緑の~」もポケモンの「ディアルガと~」も
一度目で理解できなくて「はああ?」って思いながら観てましたよ。
ドラえもんも方はいまだに「?」って思うシーンがある。

まあそれが映画の良さなんだと思うことにします。
何度も見て、ひとそれぞれの見方をして、
いろいろと考えるって、ことですよね。

さてプリトヨは読み終わって、
今はジウを読み始めて、その前に密命を読み始めてたんだと思いだし、
昨日居眠り磐音の新刊が出てたぞと父からメールがきて焦ってます。
フレッシュブラッド新刊もちょー流し読みだったので、もう一回読み返さないと、だし。
東野圭吾もたまってたりする。
ちょくちょく気になって買ってる文庫も積み上げられたまま( ̄Д ̄;;

あ、合間に金城さんの『対話篇』を読みました。
こちらは中編を集めたものですが、どの話も良かったなあ。
最後の話はドラマ化しても良いんじゃないかと思いました。

そして、ツタヤの一か月ノルマを使いきれなかったので、今から観ます。
でもゲド戦記が始まっちゃうな、どーしよー。←DVD持ってるのにw

Comment

1. スペイン  


行った直後のシエスタには本当に困った。
スーパーは閉まってるし、美術館は閉まってるし。
慣れると、ダラダラのしがいがありました。
  • posted by イラストレーターmazza<愛知> 
  • URL 
  • 2011.08/19 00:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。