Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナタリーでV6特集

音楽ニュース配信サイト「ナタリー」さんがV6の特集を組んでくださいました→こちら
ポップカルチャーのニュース配信のサイトだそうですが、ジャニーズのグループを特集することは本当に新しいことのようです。やはりいろいろと制約があって(画像使用権とか)難しいんでしょうね。

でも今回は作詞作曲の西寺郷太さんとcorin.さんにインタビューという形で、
新曲「kEEP oN.」の話を中心にV6の魅力を素晴らしい記事にしてくださっています。
非常に力を入れて記事にしてくださって本当にありがとうございます!
「Sexy!Honey!Bunny!」「POISON PEACH」と来て、今回3回目のV6との仕事、
そこでどういうことをやりたくて、伝えたくて、目指して5ヶ月という時間をかけたのか、
出来上がったものがどうして6分6秒という大作で、ああいう曲なのか
それがとてもよくわかる記事でした。

今、新曲の端っこをポロっと聞いて、「なんだこれ」と思ってる人に
是非読んで欲しいなと思います。

そして興味を持って横のウィジェットをぽちっと押しちゃっていいと思う(笑)

冗談抜きで、如何に「kEEP oN.」が6人の魅力を最大限に生かした曲だということが
今まで曲を聴いて感じていただけだったものが、言葉として裏打ちされた気分です。
にしこりコンビ、本当にありがとう!

郷太さんは本当にV6の大ファン(そうですよね?)で6人のことをすごくわかって向かい合って作ってくれてる。
「POISON PEACH」のときから、”このフレーズをなぜこの人が歌うのか””この言葉を言うのはなぜ彼なのか”といったことをぽろぽろ言ってくださってたのですが、
その理由がまたすごく唸らされるんですよね。
岡田くんのこういう時のこの声がいい、とかここにハマる声は長野くんの声しかない、とか。

6人がそれぞれに違う声だからこそ、V6にはまった私としては、
そうやってその部分にこだわってくれる作家さんがいるということがものすごく嬉しいことだったし、
魅力を生かした曲を全力で作ってくれている空気がひしひしと伝わってきていて、わくわくしていました。

音楽のプロが認める6人それぞれの魅力というものが
最大限に生かされた曲、それが「kEEP oN.」です。



記事では制作裏話として今回メンバーがどのように曲作りに参加したのかが書かれています。
オリスタの記事では6人のインタビューという形でそれぞれどんなことをやったのかということが語られていましたが、
それをまた別サイドからの話として聞くと改めてよくわかりますね。
そこでメンバーがどういう雰囲気なのかということもわかるのでファンとしても嬉しい限り。

後半は郷太さんが語るV6の良さ!
とにかく語る語る!これがまたいい話!
そして究極。メンバー一人一人についても語ってまとめてくださいました(笑)

ファンから見て垣間見えてるメンバーの良さがあって、
何度かエントリーでも書いたりしてますが私自身が思うところの良さ
「こういうV6が好き!」「この6人それぞれの魅力がまたいい!」というのがある訳なのですが、
この記事で語られたそれぞれの魅力という話がまさに同じ。
それか(想像でしかなかったけど)やっぱりそうだったか!と思う。
一緒に仕事をして、実際に言葉をやりあった人が語る魅力が、こちらが感じる魅力と同じというのはすごい事だし、どう見ても「V6好き好きオーラ」満載な郷太さんとcorin.さんが語る言葉が作られた言葉じゃないということがわかるから尚更嬉しい。

この記事を読んで、新曲がまたすごく好きになりました。
毎日ハードリピ状態です。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。