Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

anan1824

今日発売のanan1824号は岡田くんが表紙!
秋らしいダークな雰囲気の写真になっています。
だいぶ帽子姿も見慣れましたが、
やっぱりスーツ・ジャケットパターンが好きだなー。

今回はグレー系のジャケットに同じくグレー系ストライプシャツ、
少しテロ感のあるパンツにブルーグレーのキャスハンチング。
グレーのグラデーションコーデ、という感じですね。
シャツが・・・このストライプは結構年配なデザインですけど・・・
お店で見てたら絶対買わないストライプだなーと思いつつ、
まあ岡田くんが着たらカッコ良いからええわ←現金
茶色の革靴で締めてるのは結構好き。

中はインタビューを含む写真6ページ。
グリーンの入ったカーディガンコーデパターン。
こっちはパンツはブルー系。ハットは少しつばが広め。
こっちは襟足の毛のなさが目立つww

なーんてファッションについて珍しく書き出してみましたが、
というのも今回スタイリストさんが珍しく五十嵐さんじゃなかったんですよね。
ここのところはずっと五十嵐さんでして
この雑誌ラッシュは相当大変だろうと思っていたのですが、
ちょっと力尽きた・・・?なんてことはないでしょうけど、
やはり始めちょっと違うなーと思って記載をさがしたら
坂元真澄さんという方でした。

帽子いろいろあったけど、キャスハンチングが1番いいような気がしてきた。
これからの季節に合うし、今のトレッドスタイル流行にも合うんじゃないかな?

とはいってももう伸ばし(伸び)始めるからいっかー。


記事はこの号の特集の「心理テスト」にからんだもの。
最近映画絡みをたくさん見てきたので新鮮な感じがします。
年と経験を重ねたことで生まれた気持ちの余裕が見える。
それに、表面的ないわゆるウケのよい言葉選びではない、
自分の言葉で語ってる感じがとても好きです。
なんとなく、30過ぎてから自分の生き方に自信が生まれて芯ができてきた感じ。

自分も年を重ね、多くの経験をしたし、本当にたくさんの人生の転機を重ねたので、
生き方や考え方、人との関わり合い方、そういうものに対するスタンスを見るようになり、
そしてその中で惹かれる考えを持つ人たちが気になって好きになるようになりました。
まさにそれがここに来て岡田くんを始め、V6のメンバーを好きになった理由だと思う。

そんな事を考えつつ記事を読んでいて、最後の部分でまさにやられました・・・

「年を重ねると人の内面がすべて出ると思う。」
という言葉で始まる締めの言葉。
最近こういうことばかり考えていたので、本当に驚いてしまいました。
そしてまたさらに岡田准一という人物が好きになりました。

まだ発売中のものなのでこれ以上は書きませんが、
ぜひ雑誌を手にとってお確かめください。



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。