Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RYSダンスVer.

「ROCK YOUR SOUL」初回限定盤Bの特典映像、
『キーポンV6 Vol.2』の中にさりげなーくRYSのダンスフルバージョンが入っております。

きーぽんはルーレットトークになっていてそれ自体も笑えるのですが、私的にはこのダンスフルが入ってるというのが嬉しい。願わくばチャプターでそれだけリピできるようにしてほしかった…。
それがネックとなってなかなかそこだけガン見したくてもできないでいたのですが、
さっきちょっと時間が出来たので改めて見ました。

…改めてこれは大変だ。と思いました。

ダンス自体はベスアから始まり、少クラで全部見た気になってました。
「これは振りはそこまで難しくないけど、フォーメーションがやたら大変」
というのがこれまでの認識。

実際には振り自体もフォーメーションにより同じ振りだとしても、次に動く方向の関係で右左が個人で違ったりしており、非常に複雑となっています。
要は基本の振りがあって、それが6人それぞれが動く方向、図形で細かく右出したり左出したりしているので、
下手すると6通りの振りがあるんじゃないかなと思ってました。
ここの8カウントは誰と誰が一緒だけど、その次ではもう他の誰かと一緒になる、とか。
振り写しはさぞかし大変だったろうと想像します。もちろん振付けた人もすごく細かい作業で大変だったろうなと。

その複雑さを作り出しているのが、フォーメーションの多彩さです。
上からの図形を考えるとわかるんだけど、立ち位置のパターンがものすごく多いんですね。

これは前から思ってたのですが、“6人”って2でも3でも割れるし、フォーメーションが作りやすいと思いがちだけど、裏を返せばパターンが同じようで収まりが良い分つまらない感じになりやすい。

ぶいさんたちはライブとかの映像見るとわかりますが、実にさまざまなフォーメーションを持っていて、
これは何年かかけて少しずつ増えてきた感もあったりするんですが、最近は特に「そうきたか!」と思うようなのもあったりして。ひそかにそれらをチェックするのがマニアックな楽しみ方でした。

それも流れの中であっという間に変わったりするうえに、テレビ用にもうまくかぶらないようにとか振りで高低つけたりとか、周りが見えてないとダメな振りが多い。のです。
それが今回のRYSはまた今までよりもさらに瞬時に次々と変わっていくパターンが多い!!

この特典映像によってそれがよくわかりました。なかなかこれをこなすのは出来ないと思う。
それだけ本人たちの空間認識能力が高いあらわれだと思う訳です。


かくして、横から見ているといのっちが突然3メートルくらい吹っ飛んでやってきたりするわけなのです(リリイベレポネタ)

今回少クラを見たあたりで、私は一つの衝動に駆られていましたww
フォーメーションを全部○コマで記録してみたいww

ダンスのフォーメーションとかをよく真上から俯瞰する形で記録します。並び順とかですね。
ちなみに踊りは丸に棒で体と手足を書いた「スティック」と呼ばれる人形型で記録します。(バレエなどはパがある程度名前があるのでこの限りではありません)

このうちの前者、つまり○で6人の位置がどのくらい変わったかを書き出してみたいSHODO!!(笑)
それにはダンスが全部ある程度全貌が見えないともちろんダメなわけなので、PVでは全部わからず断念。
テレビのように上半身をメインにされたりすると他のメンバーがわからないので断念。
今回の特典映像はそういう意味ではまさに絶好な素材なのです。



そういう目線で見てたら途中で嫌になりました(>_<)

うわー多すぎるよ・・・・・・・。

今回ダンスの苦労話みたいなので「とにかく大変」「がっつり踊っている」「覚えるのに時間がかかった」などなど言ってましたが、

そりゃそうだろ…
と思わずにいられません。それくらい細かいし、合わせる大変だし、
それに改めてみたら結構2番の振りも違う振りが入って細かい!!(少クラはフルだと思ってたら違ってた。カット部分がまた違う振りが入っていて、あれ?って思った)
何より、なによりも踊りながら細かく位置が変わってるところがすごいんですね。
8カウントで歩きながら移動とかだったらそんなに難しくないんだよ、細かい振りしながら右に動いたり左に動いたりして次のoneで位置がぴったりおさまるのが凄いわけですよ。

これ、これはもっとお披露目する機会があったら良かったのにーーーー!って思いました。
ざ、残念だ…。

ちなみにバリバリでの坂本くんの移動も相当すごいので、ぜひ見てみてくださいwあ、テレビ番組のだけど。
セクバニコンでは「Break The Wall」とかもすごい。
セクバニコンは360°ステージだから殊更わけわからん。VIP席側からの固定カメラ映像だけのがほしいよー。

Comment

アップよりも 

Vの曲は聴かせるだけではなく、見せる曲だとも思っています。
メンバーのアップよりも(アップはアップで好物ですが/笑)フォーメーションをしっかり見たいと毎回思います。固定のワンカメで6人を撮って欲しいなぁ~とテレビの前でブツブツ(笑)

立ち位置や移動。フリの違いや手足の動き。一人一人もしっかり見たいですが、そこは”6人”をしっかり見たいものです。6人のフォーメーションの凄さ。切れのある後を引くダンス。
これぞ!V6!と言うアングルを特典に入れて頂きたいなぁ~~と密かに思っています(笑)

それだけ凄いんですよね。(コンサートだと気持ちが入っちゃってるんでじっくり見れない/笑)
  • posted by まりの 
  • URL 
  • 2013.02/17 18:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: アップよりも 

> まりのさん
コメントのお返事がすっかり遅くなってしまってすみませんでした!

コメント、まさにその通り!!
「マルチアングルに固定カメラVer,切に希望!!!!」です(笑い)

もちろんアップも嬉しいんですけど、でもやっぱりダンスをしっかり堪能したいですよねえ。
だからコンサートも固定カメラVer、希望wwまさにライブに行って席から見た感覚が味わえる!!ってことで結構面白いと思うんだけど…さすがに豆粒のようになるかも…?

でもセクバニコンは少クラのWORKSの時の映像がVIP席(ジャニ関係の方が座る)アングルからの固定カメラのもので、すごく良かったから、あれで全部くれ!!と思いました。無理なら中央ステージで歌ってる曲だけでいいから!!って。
360°ステージだったからこそ、そういうのがまた面白いと思うんですけどね。

さすがにこれはマニアックな要求ではありますがwww

そうでなくても、歌番組などはもう少し引いたカメラアングル希望!!ってテレビの前で叫びたくなりますよね。わかります。
同じ思いの方がいて嬉しいwww
  • posted by ある 
  • URL 
  • 2013.02/28 22:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。