Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HAPPY BIRTHDAY!GO!

HAPPY BIRTHDAY!剛くん!!

森田剛くん、34歳おめでとうございます。

V6のファンになって、一番印象が変わったのが剛くんのような気がします。
おそらく世間一般に思われているイメージと本人の本質、V6の中での剛くんはかなり違うのではないかなー?
なんとなく昔は無口で何を考えているかわからないイメージがありました。

私が森田剛のファンになったのは実は「喰いタン」からだったりします。すごくびっくりした覚えが。
その自然な演技、いつの間にか目が離せなくなっていました。
俳優・森田剛を知った瞬間でした(遅かったけど)

そしてV6のファンになってからメンバーそれぞれのそれまでのバラバラなイメージがだんだんとつながってきて、森田剛の俳優以外の面も数多く見聞きするようになり、それは本人の言葉というよりもほかのメンバーからの言葉だったりすることも多いのですが、とてもよい方向に裏切られた気がしました。

それまでは無口なキャラゆえにメンバーからは一歩離れてあまり関わりも深くないのかな(と勝手にイメージして)思ったりしてましたが、そうではなくてものすごくそこに存在してるのだな、と。

何事も本質で物事を見ているような気がします。
それも本人は意識しているのではなく本当に感覚的にとらえる才能がある。

さりげなくグループのなかでの支柱のような存在になっていますね。
楽曲やさまざまな場面で剛くんが短いけれども発した言葉で皆が「あ!」と思ったりする場面が多そう。
年長者とはまた違った意味で「ぶれない核」の存在。
だからこそV6という存在がいろいろなことに挑戦していつまでも私たちを驚かせ、楽しませてくれるのだと思います。

そしてそういう本質は“舞台”の場では輝くエネルギーを発する元になっているような気がします。
剛くんの演技に対する天才的迄の才能は、見るたびに驚きます。
最近の舞台での活躍ぶりはやっと開花してきた花を見るようで、これからの活動も本当に楽しみです。

でも映像の世界での演技も楽しみだなー。
前述の「喰いタン」の涼介くん、コスレスの南條、「平清盛」の時忠…いろいろな場面で「うわあ!」と思わせる演技がありました。
舞台もその場でしか味わえないエネルギーをダイレクトに受け止められるのですが、観に行くことのできない人にもこの魅力を伝えたい。

今年は後半にいのうえひでのりさんの演出の『鉈切り丸』での主演が決まっています。
シアターオーブ!!絶対に行きます!

前半はコンサートですね、充実した一年が送れますように。

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。