Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

〔Oh!My!Goodness!〕 LiveTour2013 @大阪 Part3

MC後の後半…

だんだん記憶があいまいになってきてる。


[Maybe]
ステージ中央の後ろでギターを弾くいのっち。これがわざわざこのために買ったというギターねw
なんとなくMラバのイメージでステージで並んで座って歌ってほしいなと思っていたんですけど…
その中にギターを持っているいのっちが座ってるみたいな。
実際はステージにいのっちがいてあとの5人はそれぞれ周回通路に散らばっていました。
ここで健くんの頭が戻っていた。
わざわざ戻したのかと思っていたのですが、どうやら途中からぽろぽろ落ちていたそうで、VTR中に水つけたら元にもどった(にこ健による)そうです。
准くんに「どこか落ち着く君のその声にたまらなく会いたいと思える」を聴けたので背筋が震えた。

[線香花火]
たしかショートバージョンだったよね?スローテンポな曲だからフルサイズは重いとの判断だったのかな?
でもやっぱりフルで聴きたかった。
前回のセクバニで全部フルという極上を経験してしまったからついつい欲張りになってしまうけど、
やっぱりフルで聴きたかった…(二度言ってみた。)

センターステージのところが線香花火をイメージした小さい光の散った照明だったのが印象的だった。
後奏の余韻の中でダッシュではけてるメンバー(笑)どうしたのかと思ったら、すぐ次の曲でメインステージの上に出るためだったのね。

[エキゾチック・トリップ]
きたーーーーーー!あーーー!でもフルじゃなああい!!!
ポップアップから出てきた時にスタンドがあって、可愛らしい振りだった。ぎらっ、きらっのところwww
あと後ろのモニターにすごい妖しい映像がいっぱいでてたような。目とかあったんじゃなかったかな?

[POISON PEACH]
気づいてなかったけど、エキゾチックでハンズフリーマイクを装着してたのね。
下のステージに移動してのポイピチ。
しばらくアルバムばかり聴いていたので、すごく新鮮な感じがした。
後半途中で後ろのステージに移動してブラックライトで光るゴムが床から出現。坂本くんのミュージカルのマイワンのタップシューズみたいに、照明が落ちると光って浮かび上がる。一人二本ずつ。
なのでぱっと両手に持つと「V」になるという。
途中で体に絡めてたりしましたが、ちょっと展開としては少ない感じだったなー。もう少し隣の人とも絡めるくらい長くしたりするのでも良かったかもしれない。
上から見ていたので最後に引っ張ってーーぱっと話した後にもにょもにょ固まって落ちてるゴムが見えたwww

[ROCK YOUR SOUL]
下のステージに降りてきてのがっつりダンスのRYS、炎も吹き上がり熱い~!!
サイズは少クラと同じで2番の振りが抜けていたけど、間奏の准くんセンターダンスも坂イノの落ちサビもがっつり入っていて良かった!
個人的には坂本くんのソロはここが一番聴きごたえある声で(なんか前半抑え気味に感じた)良かった。
いのっちのソロはいつも巻き舌っぽいところが好きw

[kEEP oN.]
フルサイズ!フルサイズ!!!!!!!そうだよ、フルサイズじゃなくちゃ意味ないよ!
そして一番ぐっと来た演出がここ。
歌い上げているメンバーの小さい頃の写真が後ろのモニターに流れるのだ。
でも一生懸命その写真見ちゃって、メンバーがどんなことしてたのか見そびれている。
というかぐわーーーと感動しちゃって記憶にない。

このまったく違う場所で生まれ育ってきた6人の道が重なっていくんだとか思って、
そしたらサビのところでは今までの映像(なぞのステンドグラス衣裳とか)も次々と流れて、
まんまとやられた感でいっぱいになった。

オペラパートはポップアップの穴にいちいち隠れる坂本くんと健くんがかわいいww
全部は下げる時間ないからしゃがんでるんだけど、上から見てると背中が見えるwww

メインサビの好きな振りも入ってたし。満足の1曲だった。

最後はいのっちがアカペラで歌い上げたのでびっくり。

[HONEY BEAT]
すごくしっとりしたところから、まだまだ行くぜー!みたいな力のあるハニビ。
スタンドマイクで安定のダンス参加。
ハニビってすごい曲だよなー。セトリのどこに来てもファンがうわーって参加できる曲だよね。
ここの岡田くんの変態ぶりを観察するにはちよっと残念ながら今回は遠かった…。

[翼になれ~愛なんだ]
このあたりは外周をぐるっと回りながらお手振りだったような。愛なんだのサビで踊ってたのが可愛かった。
あ、愛なんだの途中でバックステージまで行って、「あ~きらめない~ふ~りむかない~♪」の振りむきダンスが健在でした。考えてみたらここのダンス、岡田くんの動きは「ひらパー兄さんでおま!」の振りだったよねー(笑)なんとこんなところにヒントが!(ちがう)


[ミュージックライフ]
健くんの感動の曲紹介からのミュージックライフ。なんとなく最後にはこの曲って決まってるんだろうなーと思ってたので、このくだりで「あああ終わっちゃうう!!」って悲しくなった。
丁寧に「最後に聴いてください、ミュージックライフ」と言うので「ああやっぱりいい」という変なテンションだった。
でも曲自体はすごくノリノリで客席も一緒に歌ってた。


ここからはアンコール

[スピリット~グッディ~愛のメロディ~サンダーバード~UTAO-UTAO]
まずスピリットから入ってくれたのが嬉しかった。あのイントロは文句なしにテンションが上がる。
スピリットのお披露目でトニコンのアンコールにカミセンが駆けつけてシルエットで出たあの時がリンクして、
鳥肌が立った。
グッディからの愛メロは確実に一緒に振りをやれるアンコール定番曲。
そしてサンダバ!セクバニコンでは消化不良なアンコール使いだったので、結構がっちり踊ってくれて嬉しかった。サンダバのダンス本当に好き。でも絶対しんどいんだよね、コサックダンス並みだよね、それをこの終盤でやってくれるんだから感動。
そしてうたをうたお。これも客席一体化のお手振りダンス…完璧だよ…すごく満たされる気がした。

ここで健くんが投げキッスだったので、ちょっと不安に。
思わず隣で前日参加していた方に「まだある?アンコール?」と聞いてしまいました。
セクバニコンはなかったからさー。

あるある、と言われ、安心はしたものも、一生懸命「アンコールコール」した!

[本気がいっぱい]
個人的にはサンキュー!ミュージック!じゃなかったーと思いはしましたが、本気がいっぱいもジャンプできるものね。
そしてカーテンコール…
ここにきて、あ、そうだ、カーテンコールしてなかった!と気づきました。

いつものように(というか180°ステージの時の)三方向にお辞儀をしたあと、
一人ひとりからのメッセージに。

なんかもう一人ひとりがあまりに良い事をいうので、感動しすぎた。細かいことは覚えてないのですが、

いのっちからだったけ?確か
「お客さん1万人が半分になっても、4分の1になっても、30人くらいになっても…30人だと和民かな(なんだそれwww)そして最後の1人になっても…1人だと自宅になっちゃうけど、ずっとV6で居ます」(ここで「そしたら行くーーー!」て叫んでおきました) 

剛くんと准くんどっちが先だったかな。
剛くんは「昨年はコンサートが出来なくて、こうやってここに戻ってこられて嬉しいです。コンサートに戻ってくると18年やっていてもまだ新しい感覚や発見がある、そのことがすごくうれしい」ということを言っていました。剛くんはいろいろ仕事はあるけれど何よりV6のコンサートを一番やりたくて好きなんだって言ってたから、またこの言葉が沁みました。

准くんは「とうとう18年目になります。18年やってきたことを誉めて!」というので、メンバーが口々に「すごい!」「よくやったぞ!」って言っててかわいかったし、なんという末っ子状態だよーって思ってました。「18年やってきて、どんどんメンバーが大好きになってます。」的なことも言ってた。
やっぱりこうしてずっと活動を続けていくのはこの世界では本当に大変なことで」と言い出して怖い、何言い出すんだろうって感じだったんだけど、いのっちがすかさず「シビアな話するな-。」とツッコミ入れてた。
「みんなそれぞれが頑張っています。それぞれの場所で頑張ってるし、まだ公に出来ない仕事もいろいろあります」と言ってました。わー、なんだろう、まだ公に出来ない仕事とは!!!!
「僕は今年は3本映画があってー来年は大河でー」と言ったらメンバーがすごく拍手してたのが印象的でした。
「頑張るのでよろしくお願いします。」て感じだったかな?

坂本くんは「いつも応援してもらって元気をもらって、だからコンサートや個人でのお仕事がみんなからもらったパワーの恩返しです。」その流れで「発表があります!」と言いだし、ミュージカルの宣伝を。「6月から「シルバースプーンにうつる月」というミュージカルをやります。MC中に言うタイミングがなかったので」
「10年後も20年後もコンサートをやっていきたいです。」(まーがそういうならしゃあない!と思った)

健くんは「ここに立てて嬉しい。なんて言ったらいいのかな…あ!!みんなは観た事ないから知らないかもしれないけど、ここ(ステージ)から観る景色がどれだけ絶景か。本当に絶景なんだよ、僕は本当に幸せ者でございます」って言っていて、すごく用意された言葉じゃなくて自然に出てくる言葉でぐっと来たなー。

長野くんは…ごめんなさい、正直覚えてないです。。。なんかいっぱいいっぱいだったんだよう
「ここに立てるのもみなさんのおかげです」みたいなこと言ったような…まほレスの宣伝してたような…

最後のあいさつの割には宣伝も多かったんだけど、じゃあ途中のMCは何しゃべってたんだよ、っていうくらい、あ、これも宣伝今するか!って感じだったけど。。。

でも最後のあいさつは本当に全員がすごく良い言葉で伝えてくれたなーと思いました。
本当に舞台に立って感じることってたくさんあって、それを今本人が本当に感じて思ってそれをこちらに伝えてくれてるっていう感じがすごく伝わったんです。
特に健くんの言葉とかすごく「うわーそこ!!」と思います。それを伝えてくれるんだ!みたいな。
そしてやっぱり坂本くんの言葉だなー。

舞台もコンサートもその空間に立ったことで生まれることって本当に多い。
この2時間半で生まれるエネルギーとそこで経験出来る熱い想いや一体感や驚きや感動や、そういった本当にたくさんのものが、メンバーとお客さんで共有出来ること、それが何よりのプレゼントで、お互いがお互いに与えてるプレゼントなんだなって思いました。


ありがとうーー!って気持ちでいっぱいになりました。
また次も!っていう気になりました。
まってろ代々木ーー!!

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。