Believe your smile

笑顔になれる何かを探して。 フィギュアスケートとV6をこよなく愛しつつ、忙しい日常の中で見つけた様々な事を語ります。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪への旅~一日目~

無事大阪に行って、帰ってまいりました。
突然の2泊3日の旅。
特に親戚がいるわけでもないのに、なぜお盆に大阪に行ったのか。

すべては三男の一言から始まりました。
「新幹線に乗りたいなあ」

男の子をお持ちの方なら、
一度はこういうことありますでしょ?

こういうことを言われたときの男親というのは
何故か父性愛が爆発するらしく、
新幹線に乗せるためにあれこれをする傾向にあるというのは
友達を見ていても思います。

うちの連れも、
「そっかー!しばらく乗っていないな!」
と食いついていました。

そして「今度パパが大阪に行くときに一緒に行くか!」

は?いまなんと?

ちょっとやめてよーつまり私も行くってことじゃん!
でもってそしたら要はみんなで行くってことじゃん!

大阪出張の時の日程の子供たちの予定を聞き始める連れ。

え?まぢか

なんかうまく次男の講習のお休みに当ってる(お盆だからね)
私の仕事やいろいろな習い事の方もうまく回避(お盆だからさ)
…行けないことないよね。と…。

しぶい顔の私との駆け引きが始まりました。

だってねえ、子供たちを連れての公共の乗り物での移動は
とても気を使うし、本当に大変なんです。
長男や次男しかいないときでも、いろいろと嫌な思いもしたので、
そういうシチュエーションはすごく慎重になってしまうんです。
すごく考えてからじゃないと行動出来ない。

でも連れは結構行ってしまえばなんとかなるよ、という発想をします。

こればかりは性格の違いなのか、男女の違いなのか。
子供たちの声を気にしてストレスを感じてしまうのも
周りの視線が気になって気を張ってしまうのも、
私の方だけが気にしているのかもなあ。
迷惑になりそうだと思うと行動出来ないんです。

なので、連れのこの発想で救われたことも多々あります。
前に書いた映画とかも絶対自分では行かないけど、
行動してくれるので意外と行けた、ということもありました。
ま、やっぱりだめじゃん、ってこともあったけどね。

今回はどうかな。もう子供たちも随分大きくなったしな。

連れは私がかなり嫌がってるのを察して、
チケットもホテルも全部手配してくれました。
ほら、チケット取れたよ。全然オッケー!だと。

こうなってしまうと、あまり反対してもということになって、
結局みんなで行くかということになりました。
何より三男が喜んでいるし。


13日。
連れは仕事なので朝早く出て行き、
私達はお昼頃に新幹線のぞみに乗るために新横浜へ後から行く。
向こうのホテルで合流することになりました。

連れは私があまり新幹線に乗らないからか妙に心配して
在来線の切符と新幹線の切符は自動改札にどう入れるかとか
新幹線のホームは激混みとか
大阪で乗るのは15番線だとか、
親切にメールしてきてくれてました。

いや、そこまでしてくれなくても、
いい大人だしそれくらい行けますよって。
久しぶりといったって2年ぶりくらいだし。
というよりたぶんホテルにどうやって行くかとか、
肝心なところは下調べは私の方がしてるよ?
というか私は目はいいので、駅では迷ったことないんだよ。
看板がたくさん出てるからね。
私が心配なのはそんなところじゃないんだあああああ。


6年生なのに、宇宙人で周りの見えない次男と
それにのせられる三男と、
最近一緒に騒ぐ事を覚えた長女。
これらをコントロールしてなんとかたどり着かねばならんのだ。
頼りになるのは長男だけだ。彼が大人になってくれて本当に助かるわ。

少し余裕を持って着いた新横浜はやはり人が多かった。
本数も増えているので、次から次へと新幹線が入っては出て行く。
「これ?乗れるの?いつ?」
と大興奮の三男。と次男。

うれしくなってくれるのはいいんだよ。
うれしそうなのを見ているとこちらもうれしいよ。
でも大声を出すのは抑えようね(^▽^;)
$Believe your smile
やっと乗る新幹線のぞみが入ってきまーす。

席は長男と熟考の上、
二人掛けに次男と長男、三人掛けに三男と長女と私、となりました。

走り始めて窓にかじりついていた三男は
途中から睡魔に襲われてしまって爆睡。
前の晩興奮しすぎて眠れなかったからねー。
長女は途中で窓際に交代してもらいたかったのに
それがかなわなくなってちょっと不機嫌。
次男は普段禁止されているDSに夢中で
長男は勉強始めたはずがいつの間にか爆睡していた。

そんなこんなで何とか静かに
新大阪までの2時間ちょっとを過ごすことが出来ました。

せっかくなのでやっぱり富士山は見たいよなあ。
でもって麓に白い十字架が立っていないか見ないとね!(byプリトヨ)
と意気込んでいたのですが、残念ながら曇ってしまって見えなくて、残念~。

そこからは京都線にのって4分。
大阪駅にまであっという間に着きました。
ホテルはそこから歩いて行けます。
暑いから飲み物調達して頑張るぞ!と励まして。

何とかホテルまで迷うことなく着き、チェックイン。
フロントの手続きをしてくれた方がすごくイケメンでした(〃∇〃)
ふとネームプレート見たら、なんと「井上」さんでした。
えー運命じゃない?やだああ(/ω\)

長男も「フロントの人すごいイケメンだったね」と言うので、
「[井上]さんだったよ。すごくない?」
と教えてあげたら「え、マジで」ってウケてました。
こんなマニアックな喜び方されてるとは
本人さんは思っていないことでしょうwwすみません(;^_^A

でもその後フロント前通る時に覗いてみたけど、
一度も顔を合せなかった…なぜだ。

次に、部屋まで案内してくれたベルボーイの人が、
説明の時にひとつひとつネタっぽく話してくれたのがおかしかったです。
「ここのライトはこうなります。よくお客様がこうしてこうなって、
困るという話になるんですが、違うんですよー。」
という感じにこういうお客様が、とかこういう間違いがとか
すごい手取り足とりやー。

とにかく、無事たどり着きました!
夕方6時には連れも仕事を終えて無事合流。
適当に夕食は外に出てすませ、
夜はIのっち司会の「想い出のメロディー」を見てまったりしました。

おっとこれ、大阪から生放送なんだー。すぐそこでやってるのね!
がんばれーIのっち!と窓の外のNHK大阪に向かって念を送ってみるw

Uドウさんは例の大学時代のコンクールの時に取材してくれた方なので、
ずっと応援しているアナウンサーさん。
好きな二人がやっているので見ていて幸せだーo(^▽^)o

あのお。
もう紅白この二人司会でいいんじゃない?
Iのっちも初めての割にうまくこなしてるし。
妙にコンビ掛け合いも息合ってるしwww
それでV6の初出場を華々しく決めてくれーーー。

Gウくんも来年の大河出演が決まったし、いい加減出場していいじゃん。
みなさん、そう思いませんか!
↑これ時忠役だよ?すごいいいと思うよ!楽しみ!

たぶん震災復興を祈るような番組構成になるだろうから
歌は
「Portraits」
→「タカラノイシ」
→「星が降る夜でも」
→「I give smile to you」のメドレーとかいいと思うよ。

前向きソング全開で行くなら「スピリット」がいいかも。
これならダンスも堪能できるし。

ダンス全開なら「LIGHT IN YOUR HEART」て手もあるぞ!
意外と歌詞が震災復興ソングだよ!

寄りそうソングなら「only dreaming」だけど…暗すぎるか。
救いがないからなーこの歌は。

残念ながらセクバニはNHK向きではないんだよなー。”せくすぃー”すぎるから(爆笑)

もちろん「way of life」を歌いあげてくれてもかまわないよ!
めちゃくちゃいいと思うよ!
私のイメージは別のところにあったりするけど、この際いいよ(何様だww)
曲紹介にTツミさんが来たりしたら、マジ倒れる!
…ちょっと暴走しました。すみません。

合間のネタ、というか(よくニュース前とかにやる)ステージは
もちろん「Believe」大合唱でしょ。
でもって最後は「WAになっておどろう」大合唱ね。
ってどんだけぶいろくオンステージだww

などどつらつらと考えてたらすごく楽しかったーー!!!!!!о(ж>▽<)y ☆
というか途中からすごく真面目に真剣に考えちゃったよ。

夜片づけとかなくて暇なのもいいよね。こういうこと出来るから。


しかしなんで昨年の紅白のV6は落選したんだろう?
歌唱力の高さはNHK受け相当いいと思うんだけどなあ。
ちょっとだけ余計な報道があったりしたから?だったりして?
でもあれくらいで、それはないか。
事務所の都合かなあ。

今年は頼むよ、しゃちょお!

ということで旅行記はつづきます。(後半は旅行の話しておらんw)



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

ある

Author:ある
ぶいな6人大好き!
フィギュアスケートの大ちゃん、あっこちゃんを中心に日本選手を応援しています。

最新記事

カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新トラックバック

Twitter

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。